2018年02月01日

名言

映画やドラマのなかでみつける名言、いいですよねー。

「百夜行」って知ってます??

まだ11歳だった亮司と雪穂。

二人ともそれぞれに劣悪な家庭問題を抱えて育って、、、(うぅ、、、涙)

亮司は父親の経営する質屋の息子だけど、
母親と質屋の社員の浮気を都度見せつけられていて(泣)、

雪穂は母親と二人の貧しい家庭で、母親の命令で”売り”
、、、いわゆる売春をさせられていた。

そんな2人は、家に帰りたくないがために毎日遅くまで図書館に通ってそこで出会うことになるんだなー。

似たような境遇にあった二人は徐々にお互いに惹かれあっていくけど、
ある夜、雪穂の売りをヤラされていた現場に遭遇した亮司は、
そこで信じられない光景を目にする。

雪穂の売りの相手が、自分の父親だったのだ!!!

パニックに陥った亮司は、咄嗟に自分の父親を持っていたハサミで刺し殺してしまうんです。

この物語、、、知ってますか?

このなかの1つの名言が
「1つ嘘ついたらな、どんどん嘘つかなあかんようになんねん。
そんな人生に未来なんてあらへん。
お天道さんの下歩けんへんようになる。
身を滅ぼすだけや」

というもの。

これ、いいじゃない??

他にもあるけど、それはまたの機会に(笑)。
もし見てない人は一度みてみてください、そして見つけてください、
名言を。

2018年01月01日

ヨガで健康に!

ヨガは空前のブームですが、確かに、健康にいい。
これだけはいえます。
それに、やりようによっては美容にもいいでしょう。
腰をひねったりねじったり、曲げたり伸ばしたり。
それだけでも美容にいいでしょうね。

でもそれだけではないのです、なんといっても精神的に安定する。
でもそれは、ヨガをエクササイズだって思ってやってる人には難しいかも。

ヨガの本質を知らないままやってても、精神的な安定って難しいでしょうねー。
そういうのを教えてくれるのがワークショップだったりリトリートだったりするのですが、
そういうのに参加すると少しづつ見えてくるかもですね。

是非、なにかいいなって思うものがあったら参加してみてくださいねー。
最近はいいのも出てますよーー。
ヨガ・ルミナスさんとかね。

さて、そして最初に言った健康、これもあります。
ヨガしてると健康になれます、精神的にも、身体的にもね。
ゆるやかなヨガもありますけど、それでもいいんです、太ってる人は痩せるかもだし、
痩せすぎの人は通常の身体になっていきます。
(やせすぎって健康に悪いんだよーー)

ヨガ、やっている人は続けてね。
まだやってない人は、是非トライしてみてくださーい。

2017年12月01日

シーツはどの頻度で洗う?

シーツを洗うのは1週間が限度で、それ以上になると気持ちが悪い。
皆はどのくらいの頻度ですか?

ある会社が統計をとったらしいのですが、
一番多いのは「週に1回」という答えで、全体の1/4を占めました。

続いて、月に2~3回。
週に1度、あるいは隔週に1度くらいの頻度で洗濯される方が全体の1/3という答えになりました。

「毎日洗濯する」という方は少なく、
「その他」にチェックした人の中には「2ヶ月に1回」「シーズンに1回」「半年に1回」という答えや、
「汚れが気になったとき」や「汗をかいたとき」というコメントもありました。

また「天気がいいときに」という人や
「夏場はシーツの上にタオルケット敷いて寝て、
できれば毎日洗いたいけれど現実は週1~2」というコメントもあって、
汚れるのはわかっているけれど、洗濯するのが大変だと感じている様子も見られますね。

洗うのはあとでもいいけど、とりあえず交換はしたいな。
2セットか3セットはあるでしょ、だいたい(??)。

毎日は大変だけど、ホテルでは毎日変えてくれてあると、
やっぱり気持ちいいですね!
エコではないかもですが。。

2017年11月01日

そういえば。

イギリスのクイーン・エリザベスが、結構派手な色の洋服を着てることに対して
「そういえば、、、どうして?」
って思ってもいいかなと。

キャサリン妃のこともあって、なにを着ているかってのは話題になるロイヤル・ファミリー。
今年はピンクだったり、緑だったりと派手な色のを着てる事が多いのは確かですね。

このようなビビッドカラーを選ぶ背景に、“女王ならではの理由”があるとのこと。
女王の息子ウェセックス伯爵エドワード王子の妻ウェセックス伯爵夫人ソフィーは
“姑”エリザベス女王の色選びにつき、
ドキュメンタリー『The Queen at 90』の中でこう告白しているのだ。

「エリザベス女王は、目立つ必要があるのです。
人々のためにね。

女王を見に集まる方達が『女王を見ることができた!』と言えるよう、
あえて目立つ工夫をしているのですよ。」
だそうです。

「そう、これもお忘れなく。エリザベス女王が行く先々には、
2列、3列、4列…いえそれどころか、10列、15列にも並び、
大勢の人が女王の登場を待っているのです。

でもどの方も、せめて『女王の帽子が少しだけ見えた!』
などと後でお話ししたいと願っているはずです。」

だとしたら、さすがだ!!

慕われてるからこその色選びなのですねー。
まったくすごい人です。
キャサリン妃もそうなっていくのかな?

若いから派手なのも似合うけど、彼女はもっと太った方がいいね、もしもう少し年齢がいったらね。

2017年10月01日

ダイエット

ちまたでは人気の衰えることのないダイエット記事や本、
ヨガやエクササイス。

海外セレブもダイエットはしています。
かのキャサリン妃。
スリムボディでお嫁入りしたキャサリン妃が婚前に行ったのが、
フランス人のデュカン博士が考案した「デュカンダイエット」。
炭水化物とアルコールを控え、良質なタンパク質と野菜を4つの過程に分けて摂取する食事法で、
リバウンドしにくいのが特徴らしい。
健康的にふっくらしていた大学時代から比べると9キロ近く体重を落としたそうですよー。

今はギスギスですね。もう少し太った方がいい、とはイギリス人皆が思っています。

レディ・ガガ
摂食障害だった過去をカミングアウトしているレディ・ガガ。
多忙とストレスから一時期激太りしてしまった彼女を救ったのは、
グリーンスムージーダイエットと炭水化物抜きダイエット。

普段の食事を離乳食に置き換える、トレイシー・アンダーソンが考案した
「ベビーフードダイエット」も効果的だった模様です。

太ってた方がセクシーだ、って声多数。

本人は痩せても痩せても「もっともっと」ってなっていくんでしょうね。
そこまでして痩せたいですか?

2017年09月01日

ゴルフ

私はゴルフはしませんが、好きな人は好きで、やるだけじゃなくてもちろんテレビでずーーっと見てたりします。
でも、ゴルフをしない私みたいな人、それに、やっててもそれほどじゃないとか、
テレビはいいな、なんて人には、ゴルフのテレビなんてすんごーーーくくだらない(失礼)。

それでも見るので、家族が見てると見なくてはいけない。
くだらないと思いながらなのですが、これが実にくだらない。
眠くなったりします。
家族は好きなので笑顔でみてます、あ、そういえば愛ちゃん引退するそうですね、お疲れ様です。

さてそのゴルフですが、時々
「ゴルフはスポーツか?スポーツじゃないのか?」
が話題になります。
どっちなんでしょう?

スポーツじゃないとしたらなんなのだ、っていう疑問もあるが、これを読んでる方はどっちだと思いますか?
私は、やはり「スポーチじゃない」と思っています。
どこがスポーツなのか?
スポーツマンシップにのっとり、、、はあると思う。
立派だし、戦ってると思う、でも、あれってスポーツかーーー!という、そんな感じです。

テクニックは必要ですが、どこをどう鍛えたらいいのだって感じで。
身体を鍛えてるのは分かるけど、太った人もいるし、なんていうのかなー、

スポーツですかーーーーー!?

って、、、笑

ゴルフ好きな人、申し訳ないです。

2017年08月01日

離婚の原因

離婚の原因についてとある会社がアンケートを撮ってその結果というのがありました。
そのなかの1つが、
結婚25年目、突然「離婚をしてください」というタイトルで出張中の夫からメールが送られてきて、
他に結婚したい人がいるという内容だったんですって(!!)。

夫は不倫をしていたのですね。
茫然としているところに義母からも手紙が届いて。
内容は主に謝罪だったが、息子がそんなことをするのはあなたにも原因があると責められているような内容でもあったと。
夫の不倫はもちろん、姑の発言も許せない。
耐えられなくなり、涙があふれ出た。
そして離婚、っと。

これすごくないですか?
なんだこれー、って感じです。

義理の家族の家って面倒なもので、ここはすごく理解できます。
でも旦那(息子)の不倫まで正当化するような親なんかいるんだね、
あり得ない。
でもいた。
ここは、ほかの細かいことはおいておくとして、離婚して正解だったと思います。
ただもっと早くしたかったですよねー。
今まで我慢してきたんだもん。25年を返してくれ。

2017年07月01日

ドイツでケーキ

ドイツのお店でケーキを頼むと、フォークの先がケーキに突き刺さって出てくることがあります。
こういう習慣があるみたい。
上からまっすぐに突き刺さってるわけではないけど、「誰か食べてるの?」みたいな感じで、横に少しだけささってる。
こういう文化なのだって分かってないととまどいますね。

外国人がびっくりする日本の文化としては、有名なのはソバを音を出して食べる事。
でも、味噌汁やご飯のお椀、茶碗を手に持って食べる行為もびっくりなんですと。
でも日本の「素敵な」文化なのでね、個人的には誰がいようが遠慮しないで音出してラべていいと思うし、そうすべきかなって思いますよ。

お国が違えばなにかと変わる。
それはお互い様なのです。
どうして日本だけが欧米にあわせなくちゃいけないのだ。アホらしい。

だからケーキにフォークがつきささっていても、気持ちはよくないかもですが、それはそれで受け入れられます。
そうでないといけないのです。
そう思いません?

2017年06月01日

セレブに憧れ

セレブに憧れてお金持ちと結婚したがる人が多い。
それでシアワセならいい。

そもそも「セレブ」の意味を間違えてます。
セレブというのは、自分のチカラで自立してちゃんと仕事して成功してる人のこと。
日本語のセレブは、人のオカネで着飾ってるだけの人。

それでもそれになりたい、なって幸せを感じるのならいいでしょう。

そのセレブに憧れる人のなかに、なんと主婦も多いって言うから驚きでした。
幻影期の主婦が婚活してるんですって。
旦那さんはしっているのかなー。知るわけないよね。知ってたら・・・怖いね。

セレブに憧れはないし、あんなものになったら大変なだけ、と思っています。
あ、日本のセレブではないですよ、でも、日本人の考えるセレブだとしても、
あれになりたいって思わないなー。
だっていつ堕落するか分からないでしょ、お金でけでつながってるのなら、いつそのお金がなくなるか、
また、パートナーがいつその会社(?)からほされるか、誰にも分からないんです。

それでもセレブに憧れますか?
セレブになるために婚活します?

2017年05月01日

足をかくな

隣に座っている人が足をぼりぼりとかいていると気分が悪い。
なんだか水虫がいそうで。
その水虫がうつってきそうで。
それでなくても「ぼりぼり」ってかかれるのは嫌なものですねー。
他人でも注意したことあります、その方は「あ、すいません」って感じだったけど、
こういうのを注意しただけで殺人事件!!??なんてこともありそうな世の中で、
それも嫌なものだ。まったく。

でも、足を人前でかくのはやめてー。気分がいいものではありませーん。

じゃあ他のところならいいのか?ですが、、、場所によりますよね。
頭をぼりぼりとかくのもやめたほうがいいと思うし、するべきじゃない。
顔をかくくらいなら、テレかくしってこともあるので、まぁ何とか、って感じでしょうか。時間とか環境にもよりますよね。

以前は、バスに乗っていたら、隣ではないけど近くの人が爪を切り出してびっくりしたことあります。
いろいろな人がいますが、なんとも・・・と。

そんな人にならないようにしたいなー。