« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月 アーカイブ

2014年11月10日

虫刺され→とびひ

虫刺され、甘く見ていませんか?
看護師をしていると虫刺されからとびひになってしまって来院する子供が結構います。
ただの虫刺されでもちゃんと手当てをしていないとかゆみに耐えられずかきむしってしまって、結果とびひになってしまう…そんなことが結構多いです。
虫に刺されたら手当てといってもオーバーにする必要はないけど消毒してかゆみ止めの薬をしっかりと塗るくらいのことは絶対にした方がいいですね。
特に肌の弱い子供さんの場合はしっかりとしておいてあげないととびひになってしまったらかわいそうです。
もちろんこれは蚊のたくさん出没する夏場だけじゃなくてどんな季節でも同じです。
私も以前一度だけ経験があるけど病院に通ったりのみ薬まであって結構大変だった記憶が今もあります。

2014年11月27日

医師の学歴

どの世界でもそうですが、特に人間を観る医師の世界では学歴は重要視されているのでしょうか。
高学歴の医師のばあいには、確かな知識をもっていて頭脳明晰ということには間違いないでしょうね。
それに医師になった後でも、日常の経験の中で更に知識を高めていくこともしていくでしょうし、それによって患者に対して良い判断ができて診察をすることができるでしょう。
またこうしたエリートの医師は、九州がとても早いと感じます。
反対に、市立の大学にしか入れなかったようなレベルの低人は、その後医師になったとしてもお金にものを言わせて・・
といったやり方をしてきている人を知っています。
レベルが低い医大の人間がみんなそうだとは言いませんが、知り合いにそうした人が居るということが、すごくショックですしまたこうした人間が医師になって本当に大丈夫なのかと不安になります。
大学の中でもこうしたレベルの違いから、ひがむものもいるということは聞きました。
その僻をもっている人間がそのまま医師になってしまったら、その病院は絶対にいい方向に向いていかないと言っていました。
こうした裏のことを聞いてしまうと更に恐怖がでてきてしまいますね。

[PR]医師の転職の体験談をまとめてみました

About 2014年11月

2014年11月にブログ「看護師が子供の病気の疑問に答えます」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38